ヤマトシロアリ被害 風呂場から白蟻羽アリ

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

ヤマトシロアリ被害 風呂場から白蟻羽アリ

ヤマトシロアリ甚大な被害でもヒノキ材は芯残す

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

ヤマトシロアリ被害 風呂場から白蟻羽アリ

▼詳細
この現場は改築段階で、風呂場周りの材木がボソボソになっているのを発見されて当社に連絡がありました。
風呂場から何年もシロアリの羽アリが出ていたようです。

1枚目の写真は、風呂場の土台(ヒノキ材)がシロアリ被害にあってしまったが、ヒノキ材の為に硬い芯が残っているんです。

2枚目の写真は、ヒノキ材ではない柱がシロアリ被害で支えが無くなっている写真です。

3枚目の写真は、ヒノキ材でも中身がスカスカになっているものです。シロアリはヒノキの中身は硬くて嫌がりますが、決して食べない訳ではないんです。
一番怖いのは、ヒノキを使っているからシロアリ予防をしない事です。
ヒノキでもシロアリはスカスカにしてしまいます。

5枚目は、材木の中身にシロアリが蟻土を詰めて真空状態を保っている画像です。

2階のベランダには防水加工がとれていて水漏れがおこっていました。