物置にイエシロアリの巣 画像 写真

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

物置にイエシロアリの巣 画像 写真

物置の床に巣くったイエシロアリ(全体写真)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

物置にイエシロアリの巣 画像 写真

▼詳細
この現場は、和歌山県和歌山市のイエシロアリ被害です。

2年連続で羽アリが出て、床下にたくさんのイエシロアリの太い腕位の蟻道があり、外基礎からも蟻道を構築していた物件の、玄関土間にある物置に分巣を作っていた画像写真です。

1枚目は、物置の全体を写した写真です。
シロアリ駆除をする時、コンクリートの上に床を組んでいたので、物置の中身(ダンボール等)を全部だして薬剤処理しようと思ったらイエシロアリの分巣が出てきたんです。
ダンボールにもビッシリとイエシロアリの蟻道がついていました。

コンクリートが見えていますが、床板がボロボロになっていたので薬剤処理の為に撤去した為です。

2枚目は、角に沿ってイエシロアリが蟻道を造ってるのをアップした写真です。
シロアリは材木を食べる時、必ず蟻道を作って蟻道の中を移動しながら材木を食べます。
その為、シロアリの調査の時には必ず蟻道を見落としてはいけないんです。

3枚目は、ダンボールを食害していた為、ダンボールの形に添って蟻道を構築しているのが良く分かる写真です。

4枚目は、薬剤処理する為に蟻道を壊した際に、イエシロアリの兵蟻が、警戒して威嚇している写真です。
この時、指を近づけると頭の角で挟まれて白い液(防御物質)をだして攻撃されます。

5枚目は、床組みの裏にイエシロアリの分巣を発見した際の写真です。
分巣とは、シロアリの本巣(女王がいる)から離れた場所に、営業拠点のような小さめの巣のことです。
この分巣には大量のシロアリがいて、ここを拠点に新しい材木を探し食害するんです。