ヤマトシロアリのタタミ裏側被害写真

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

ヤマトシロアリのタタミ裏側被害写真

タタミ裏側シロアリ被害(床板、タタミまで食べている)

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

ヤマトシロアリのタタミ裏側被害写真

▼詳細
写真はヤマトシロアリタタミ被害です。

この家は、10数年前に一度他社様でシロアリ予防処理をしてから、その後大丈夫だろうと予防されていませんでした。

今回シロアリ被害を発見したきっかけは、タタミの上に置いていたタンスを移動させようと思ったら、タタミとタンスがくっついていてバリバリと言う音を立てたそうです。

何の音かなと思ってタンスの裏側とタタミを見ると、シロアリが大量に歩いていて発見しました。


この様な例はよくあり、今回の場合はまだ早期発見できたほうです。

実際床下に入りシロアリの被害程度を確認してみると、畳の裏の床板周辺とその近辺の大引き、土台、根太などが食害にあっていましたが、交換が必要な材木はありませんでした。

床板も多少食害はありますが、強度的には問題なくシロアリの駆除工事のみで対応することが出来ました。


シロアリの被害は滅多に表面にでてきませんので、このような早期発見が出来るケースは少ないです。

皆様も5年以上シロアリ予防をされていない場合は、当社の無料点検を受けてみてはいかがでしょうか?
30分程度の点検で、シロアリの有無、床下の水漏れ、湿気状況、通風状況、以前のシロアリ防除時の薬剤効果の有無などがわかりますので、気軽にご活用下さい。