大型コンクリート造り倉庫屋上のイエシロアリ駆除写真

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

大型コンクリート造り倉庫屋上のイエシロアリ駆除写真

防水シートの中に巣くうイエシロアリ画像

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

大型コンクリート造り倉庫屋上のイエシロアリ駆除写真

▼詳細
写真1枚目〜4枚目までが、大阪市西区の大型倉庫の屋上のイエシロアリ駆除作業です。

大型コンクリート造り倉庫三階の天井部分のイエシロアリ被害です。
最初の発見は、壁の裏側に商品の段ボールを置いていたのですが、なんと、それを動かすとバリバリと段ボールがシロアリの分巣(会社で言う営業所)になっていました。

しかし、気づいた時にはもう被害はかなり進行していました。

防水シートの下に本巣を作っていた為、全面めくって処理をしました。
防水シートの効果がなくなり、水漏れ状態になってしまうと、シロアリの羽アリが飛んできて巣を作る確立がすく高くなってしまいます。

シロアリは材木以外にも、ダンボールなどウレタンや防水紙や鉛や発泡スチロールなども食い破ってしまいます。
もちろん、コンクリートも貫いていきます。

防水シートとコンクリートの間に蟻道がビッシリついていました。
写真み見えている黒い部分は全部イエシロアリの蟻道です。

写真5枚目は、民家でのイエシロアリの被害です。
これも被害の発見が遅れてしまい、2階の梁(ハリ)屋根裏まで被害がでていました。
最近は、予防処理を施しているお宅が増えたので、このような強烈な被害は減りました。

しかし、予防処理をおろそかにしたり、ほったらかしにしているとこのような被害にあうのは時間の問題です。