イエシロアリ屋根裏梁(ハリ) 被害写真 和歌山市

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

イエシロアリ屋根裏梁(ハリ) 被害写真 和歌山市

イエシロアリ屋根裏 被害@

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

イエシロアリ屋根裏梁(ハリ) 被害写真 和歌山市

▼詳細
写真は、和歌山市のイエシロアリ被害です。

なんと場所は、屋根裏の材木に分巣して食害してるんです。

本巣(女王がいる)は地面の下にあり、分巣をいくつか作って幅広く食害していました。

今までの『湿気さえ防げばシロアリは来ない』という説は通用しないんです


シロアリは外気(風、太陽などの光、雨など)を嫌います。


その為、地中から材木までの通り道には必ず蟻道(真空状態のトンネル)を構築します。



そして、蟻道の中を通って材木を食害します。


私達が、被害がでている家を調査する時には、まず蟻道を探して被害箇所や侵入経路を見つけます。


もしマイホームの床下点検を自分でされる方は、この蟻道が無いかを探して下さい。


もし見つけてしまったら、蟻道を壊さずシロアリ専門会社『ヤマト白蟻研究所』に電話してください。
072−361−4614



シロアリは敏感な昆虫なので、調査中に蟻道を壊してしまうと、警戒して一時的に他の場所に移動します。