立ち木のイエシロアリ被害写真 和歌山県

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

立ち木のイエシロアリ被害写真 和歌山県

イエシロアリの立ち木被害@

※写真をクリックすると拡大画像がでます。

立ち木のイエシロアリ被害写真 和歌山県

▼詳細
写真は和歌山県沿岸のイエシロアリ立ち木被害です。

本来シロアリは、立ち木を食害することは少ないのですが、弱った木や短く切った木は被害にあうことがあります。

なぜかと言うと、シロアリは立ち木のように水分をタップリ含んだ材木は食べにくいのです。

しかし写真の材木は、まだ完全には枯れていないですが短く切られて弱っています。

その為シロアリが食害できるようになり、分巣と化してしまいました。

もちろん、この分巣を拠点に家の材木も被害にあっていました。

それも屋根裏の梁(はり、一番太い材木)まで蟻道を構築して食害していました。

このような被害の場合は、まず被害箇所をすべて確認して、巣の場所をある程度見つけておきます。

その上で薬剤処理をして巣の根絶を目指します。