【尼崎市】アメリカカンザイシロアリの被害

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

【尼崎市】アメリカカンザイシロアリの被害

兵庫県尼崎市 K様邸

尼崎市でいつもお世話になっている工務店さんから
天井付近に木屑?糞の様な物が何度掃除しても
噴出し続けるとお問い合わせ頂き、調査しました。

アメリカカンザイシロアリの被害だと分かり、
駆除工事後、床下のシロアリ予防をさせて頂きました。

シロアリの種類→アメリカカンザイシロアリ

施工面積(天井床面積)→13坪(約42m2)(2階建て住宅)

施工金額→60,000-(税込み)

スタッフ数→4名

施工時間→9:00〜11:30(2時間半)

保証内容→アメリカカンザイシロアリの保証はなし後日、床下のシロアリ予防工事を行ったので、
地面の下から侵入するヤマトシロアリとイエシロアリに対する5年保証書を交付しました。

状況説明→尼崎市の一部の地域では、
10年以上前からアメリカカンザイシロアリの被害が拡大していました。
このアメリカカンザイシロアリは、ヤマトシロアリやイエシロアリのように地面の下に特定の巣を構築しません。
そもそも、巣というものを作らない為、少数のシロアリが食害部分のみに生息している状態になります。
これが何を意味するかと言うと、予防をするには家全体の材木(床下、壁の中、天井、建具など)に薬剤処理をしないと完全に予防することが不可能です。

それに、カンザイ(乾材)と言われる通り、
水分をほとんど必要としない為、天井裏や建具などに羽蟻が飛んできて、
着地した付近の材木から侵入してしまいます。
そして、空気中のわずかな水分を摂取しながら、ゆっくり材木を食害していきます。

新築時であれば、
薬剤成分が永久に無くならない、
無機物のホウ酸製剤を使用して、
家全体の材木に塗布することで守ることが可能です。

既設住宅で、
一度アメリカカンザイシロアリの被害が発生した場合は、
駆除は可能ですが、予防が難しいのが現状です。

今回は、天井裏のみの被害だったので、
天井裏の被害箇所(噴出孔)にピペットノズルと言う静圧を利用する工法で、
ムース材を一か所づつ丁寧に注入していきます。

最後に落ちている糞を綺麗に掃除し、
予防として噴霧処理も行います。

糞を掃除するのは、
万が一アメリカカンザイシロアリが残った場合に、
必ず新しい糞をするので、
死滅した箇所と残った箇所が判断できる為です。

一回の処理で完璧に駆除できるのが望ましいですが、
アメリカカンザイシロアリの駆除の場合は、
今後再侵入や残る可能性など、
その後の処理の為に準備することも大事になります。

アメリカカンザイシロアリの駆除は、
一年後新しい糞が発生していないか、
無料点検を実施します。

アメリカカンザイシロアリの駆除が完了後、
床下からヤマトシロアリやイエシロアリが侵入しないように
通常の予防工事を行い、5年保証書を提出し、
保証期間内にアフターサービス点検を定期的に行い、
安心して保証満了を迎えれるようお手伝いをさせて頂きます。