神社のイエシロアリ被害 2020年【大阪市都島区】

株式会社 ヤマト白蟻研究所

電話を掛ける

【受付時間】9:00〜18:00 ※電話受付は深夜まで可能
【定休日】日曜、祝日

神社のイエシロアリ被害 2020年【大阪市都島区】

お世話になっている建設屋さんより紹介して頂き、
駆除工事をさせて頂きました。

シロアリの種類→イエシロアリ

施工範囲→神社の手水舎の柱4本

施工金額→一式処理

スタッフ数→2名

施工時間→9:00〜10:30(1時間半)

保証は無しの工事です。

神社の手水舎の屋根を支える柱に、イエシロアリ被害が発生してしまいました。
立派な材木を使用していますが、シロアリ被害が発生してしまうと、中が空洞化してしまいます。

沢山の人が訪れる場所で、風通しも良く、日当たりも良い場所でシロアリとは無縁の柱のように思われる方も多いと思います。

シロアリは、湿気のある場所で被害が出ると思われていますが、地面の下の無限にある水分を使用するので、実際にはほとんど関係ありません。

特に、一般住宅のように床下を食害する場合は、湿気環境は関係ありませんので、土間コンクリートの床下、床高が高い床下、湿気がなくカラカラの床下などでも、定期的にシロアリ予防をしましょう。

まずは、お近くの信頼できるシロアリ対策専門にしつつ、日本しろあり対策協会に所属している業者に、床下点検してもらう事をオススメします。

関西地域にお住まいの方は、大阪府堺市の(株)ヤマト白蟻研究所までお気軽にお問い合わせ下さい。

関西地域であれば、調査、お見積もり費用は無料です。